クラミジアの感染に気付かずに放置しているとどんな症状が出るの?

2020年06月12日
悩んでいる男性

クラミジアは、無症状であることも多いので感染に気付かずに放置してしまうこともあります。潜伏期間を経て違和感がでた段階で治療を行えば、それほど深刻な事態にはなりません。ただ、放置し続けてしまうと人体に重大な悪影響がでる可能性が高くなるため、気を付ける必要があります。

基本的に、クラミジアは放置しても治る病気ではないので発症したとわかった段階で治療を行うことが大切です。免疫機能を向上させることで自然治癒させることができる病状は数多くありますが、一般的に性感染症は放置すると症状が悪化することが大半です。これは、クラミジアでも例外ではありません。この感染症は、細菌によって発生するものであるため放置するとその細菌が着々と体内の中に入っていきます。体内に侵入したクラミジアは、そこで増殖することで各部位に様々な影響を与え始めます。最悪の場合、男女共通して不妊症の原因に繋がることもあります。

女性の場合は、特にクラミジアの放置で症状が重くなります。女性は、クラミジアが体内に侵入してくると、子宮内膜炎を引き起こすことになります。さらに放置すると、骨盤腹膜炎を発症させます。この段階になると、歩行困難になるほどの痛みを下半身に感じるようになるため、普通の生活を送るのもつらくなってしまいます。また、この影響で子宮の活動にも支障を生じるようになってしまうため、流産や早産といった妊娠や出産に関連する悪影響もでてきます。最悪なのが、クラミジアに感染した状態で出産すると、産道からクラミジアが胎児に感染してしまう可能性があることです。子供に対してクラミジアが感染すると、後遺症が残る可能性が高くなるため、絶対に放置するようなことをしてはいけません。

男性の場合も、女性に近い症状に襲われます。尿道炎を発症させた後に、精巣上体炎を引き起こし、陰嚢が腫れあがります。陰嚢部分まで侵入すると、精子を作るときの支障になるため健康的な精子を作ることが難しくなります。その結果、不妊の原因に繋がります。ただ、男性の方は歩行困難になるような痛みに襲われることは稀です。尿道の長さが異なるため、侵入するのに時間がかかり、体液と一緒に体の外に流れでる確率が高くなるからです。

放置をして症状が進行しても、抗生物質を利用した治療を中心に行えば十分に完治できる可能性はあります。早期段階で病院に行くのが恥ずかしい場合には、個人輸入で医薬品を購入できますのですぐに行動することが大切です。

関連記事
クラミジアに感染しないためにも予防はきちんと行うことが大切

クラミジアの予防は、感染経路を防ぐことで簡単に防げます。特に、性行為によって大半の場合で感染するため、性行為による粘膜接触を防ぐことに集中すれば、男女ともに被害を抑えられます。ただ、普通の対策をしていても感染する可能性はあります。それは、普通ではない性行為をしている人がいるからです。オーラルセックス

2020年07月01日
良い改善を得るためにはジスロマックの正しい使い方を守ろう

ジスロマックは、抗生物質であるため様々な病原菌に有効性を発揮します。ですから、クラミジア用に利用する場合には専用の使い方をしなくてはいけません。クラミジアは、ジスロマックを1日1000mgが一般的であると考えられています。ただ、これはあくまでも目安で患者によっては服用量を変えても問題ありません。例え

2020年05月23日
治療に役立つ医薬品のジスロマックの効き目はいつから現れるのか

ジスロマックは、1回服用するだけで持続的に効果を発揮する優れた医薬品です。そのため、効き目は飲み始めてすぐに発揮します。具体的には、ジスロマックを1回1000mgを服用すると10日間程度は効き目が継続することが確認されています。即効性があり、しかも短期で治療を行うことができるということもあってクラミ

2020年05月08日
クラミジアに感染した場合の具体的な症状と治療方法を確認しよう

一般的に、クラミジアに感染した場合には症状がでるときとそうではないケースがあります。女性は無症状であることが多く、潜伏期間を一定期間で経たとしてもそのままわからない場合も多いです。実際に、女性の約8割の人が感染したとしても無症状であるというデータもあります。反対に、男性の無症状の割合は約50%程度で

2020年04月28日